【flier(フライヤー)】感想|迷ったけど、7日間の無料キャンペーンで解約しました。

Business
この記事は約6分で読めます。



flierの7日間無料キャンペーン試しました。

コンテンツの質、充実したラインナップ、どれも素晴らしかったのですが、有料会員になるのはやめました。

理由はこんな感じです。



サービス自体に満足したのですが、「僕には必要ないかな」と感じてしまいました

おそらく、僕と同じようにこのサービスが必要ない人も多いと思うので、その理由や条件を書いていきます。

ちなみに、無料の7日間はかなり使い込みました。

以下、僕が使ってみて感じたメリット・デメリットです。

flierのメリット
・新刊、話題作が読める
・ゴールドプランがかなりお得
・片手間に質のいい要約がすぐ読める

flierのデメリット
・忙しい人向けのサービス
・読み上げはAIなので聴きづらい
・ハイライト、書き込みができない


とくに最初のデメリットが肝でして、学生や一般的なサラリーマンには不要かな、と僕は思います。例外もあるので一概には言えませんが。

そこらへんもお伝えしていきます。


スポンサーリンク

この記事の内容

・flierの評判
・flierの料金体系
・flierで損をしない人の特徴



flierの評判と4つのポイント


そもそもflierって人気なのか。

友人に聞いても、「flier(フライヤー)?揚げるやつ?」としか言われず、まったく参考にならなかったのでネットで調べました。

この4つのポイントは、そのとき見つけた「話題の要約サービスを体験!」と書かれたサイトをまとめたものです。

このサービスは、マコなり社長もオススメしていました。


ホリエモンも、「flierなら本がすぐ読める」みたいな発言してたし、認知度も信頼性も高いんでしょう。

で、使ってみたら本当にクオリティが高かったので良かったです。


【シルバーは×】ゴールドプランはお得

シルバープラン学生プランゴールドプラン
価格月額500円月額800円月額2,000円
月額1,800円
内容有料の
要約コンテンツ
(月5冊まで)
全ての
要約コンテンツ
読み放題
全ての
要約コンテンツ
読み放題


ゴールドプランは、ぶっちゃけお得です。

僕は有料会員になりませんでしたが、なるならゴールドプランにしようと決めていました。

その理由は3つほどあります。

▶ゴールドプランにする3つの理由

・月5冊は少ない
・お得にみえて、実は損してる
・要約を選ぶ時間がもったいない


ほぼ確実に、月5冊では少ないでしょう。

flierの良さは、充実したラインナップにあります。

気になる情報や、学びたいスキルを、片っ端から読んで学べるのがメリットです。月5冊では、中途半端にしか満足できないかと。

無料期間中、僕は5冊の要約を10分くらいで読みました。

その10分に500円を払うのは、正直もったいない。

また、制限があるせいで、おそらく読む本を選ぶます。
その時間は、控えめにいって無駄です。

それなら、無制限のゴールドプランに加入し、1ヶ月で退会できるくらい利用しまくります。

シルバープランとの差額は1,500円なので、1冊ビジネス書を買ったと思えば気にするような額じゃありません

実際、シルバープランに登録した人が「満足できなかった」という内容のツイートもしていました。

料金に対してはケチらないのが懸命そうです。

flierで損をしない人

活字が苦手な人にはおすすめです。

10分で読めるように要約されているので、1冊読むよりハードルは低いでしょう。

とはいえ、わりと読み応えがあるので最初は苦労します。
対策は「慣れ」しかないので、頑張りましょう。

また、あまり時間がない人にもおすすめです。

コスパのいいビジネス書の選び方


少し話が逸れますが、ビジネス書はすべて読みきる必要はありません

物語ではないので、立ち読みでもそれなりに学べる便利な本です。作者も、読者がつまみ読みするのを前提に、各章で内容が理解できるように書いています。

これがビジネス書と要約の相性がいい理由です。

ビジネス書はまず立ち読みをする。パッと読んでみて、いい本だと思ったら買う。これが正しい選び方です。

ですが、これは本屋に行く時間がある人の場合です。

行く時間はあっても、他のことに時間を使いたいなら暇がないですよね。

そういう人にとって、flierは「本屋に行くまでの時間と労力」も一緒に買っている、と考えることもできます。

月額1,800円で「時間+労力+要約」が買えるなら、コスパがいいですよね


直近で解決したい問題はあるか?

特に大事なのが3つ目の特徴です。

あなたが、もし直近で解決したい問題があるのなら、flierは解決の糸口になります。

しかし、解決したい問題・達成したい目標がなにもないなら登録しても無駄です

得られるのは、「学んで成長した気がする」という自己満足だけ。

Kindle Unlimitedの正しい使い方」にも書きましたが、ビジネス書は読んで満足してしまいやすいカテゴリなので気をつけましょう。


僕が無料キャンペーンで解約した理由


自己満足にしないためには、学ぶ動機が必要です

登録した当時、僕には解決したい問題も、達成した目標もありませんでした。

あったのは、「できるビジネスマンになりたい」っていう漠然とした思いだけです。

それでは、要約を読んでもなにも変化がないのは当然ですね。

例えば、僕が起業を決意したタイミングだったら、確実に登録しました。

flierには起業というカテゴリーがありますし、僕には「起業を成功させる」という強い目標もあります。


ましてや、起業をしたら本を読む時間もないでしょう。であれば、本屋や図書館に行くのは難しい。

その環境であれば、flierは絶対に助けになったはず。


まずは目的を見つけよう

もし問題がなくても、目的があるなら話は別です。

・仕事ができる人になって出世したい
・部下ができたからマネジメントを学びたい
・人事部に配属されたから組織戦略を知りたい


誰にでも、身につけたほうがいい知識やスキルはあるはず。

それを見つけるところから始めても遅くはないですよ。

また、本業に余裕が出てきて、持っているスキルを増やしたいという人もいますよね。今だと、副業を考える人が増えていますし。

そういう人は、本業の他に目的をつくりましょう。

目的が見つからない人は、7日間の無料キャンペーン中に探すのもアリです

探して見つかったら利用を続けて、見つからなかったら解約する。それでも全然いいと思いますよ。

flierには、2,300冊以上のタイトルがあり、カテゴリーは全17種類あります。本を探す検索の場としても優秀です。


まとめ:活用次第で損得が決まる


「Kindle Unlimited」を利用していると、flierのコンテンツ力が羨ましくなることが多々あります。

どちらも読書をユーザーに届けるサービスですが、扱っている領域がまるで違います。

flierのような、話題のビジネス書や名書に特化したサービスはとても便利です。

スキルアップしたい、問題を解決したいという思いがある人は、登録して損はないですよ


シルバープラン学生プランゴールドプラン
価格月額500円月額800円月額2,000円
月額1,800円
内容有料の
要約コンテンツ
(月5冊まで)
全ての
要約コンテンツ
読み放題
全ての
要約コンテンツ
読み放題


コメント