【時間術】ゴールコンフリクトを正す【前向きな人ほど陥ります】

Business
この記事は約9分で読めます。

実業家ってすごいですよね。

何種類もの仕事を同時にテキパキこなしてます。


対して、僕はこんな感じです。


・勉強したいけど本読みたい
・料理をしたいけど映画もみたい
・筋トレしたいけどネット見たい

控えめにいっても、超ポンコツです。

そこで、ビジネス書から”時間術ゴールコンフリクト”について学びました。

ゴールコンフリクトは、時間間隔を正す3つの視点からアプローチして、本当にやりたいことをやれる人になる時間術です

アプローチの内容は、”環境を変える思い込みをなくす知識を得る”この3つです。

スポンサーリンク

ゴールコンフリクトとは?

ゴールコンフリクトとは、目標(ゴール)が衝突(コンフリクト)しあった状態のことをいいます。

記事冒頭の「料理をしたいけど映画も観たい」で考えてみます。これは「料理をしたい」と「映画を観たい」という目標がぶつかりあっている状態ですね。

これけっこう、あるあるですよね。

ただ、この状態は気持ちに焦りを生んでしまいます。焦りは時間に余裕がないと感じる原因です。「あれもこれもやらなきゃ」と時間に追われるのは、焦っているからおこる精神状態です。

それも、ゴールコンフリクトを正すことで直せます。


焦る原因、つまりゴールコンフリクトは3つのパターンがあります。


【わかっているけどやらない】
つい欲望に負けてしまうタイプ

【思い込み】
勘違いが原因でやらないタイプ

【無知】
知識不足が原因だと勘違いするタイプ

この状態を防ぐために、まず自分がどのゴールコンフリクト状態か理解しなくてはいけません。各コンフリクトをちゃんと改善すれば、時間感覚は正しくなっていきます。

ゴールコンフリクトの対策

対策はいたってシンプルです。


1.自分のコンフリクトを知る
2.コンフリクトごとに対策する

では、自分のコンフリクトを探っていきます。


まず、自分の目標と障害を明確にしましょう

少し時間かかりますが、簡単です。


1.目標を10個ほど書き出す
2.特に重要だと思う目標を5つ決める
3.5つの目標から『障害』を書き出す
4.『障害』を各コンフリクトのに割り振る

ちょっと分かりづらいですね。

例えば、僕の場合だとこんな感じです。


【目標】
・ブログのPVを伸ばす
・Twitterのフォロワーを増やす
・Instagramのフォロワーを増やす
・インフルエンサーになる
・起業する


【障害】
・SNSを見てしまう
・動画を見てしまう
・ネタ不足で記事が書けない
・起業のネタが浮かばない
・起業のネタを考える癖がつかない
・投稿をする習慣がつかない

この障害を3つのコンフリクトに当てはめます。

ほとんどの障害は【わかっているけどやらない】パターンが多いようです。どれか迷ったら、このパターンに割り振ってOKかと思います。

【わかっているけどやらない】対策

答えは単純です。
『やるしかない環境』を作りましょう

環境の作り方には、ポイントが3つあります。これを参考にして、障害ごとに実行していけば解決します。


・やりたくないことは手間を増やす
・やるべきことは手間を減らす
・最もやりたいことは完全自動化にする

手間が増えると、その行動が徐々にだるくなります。

例えば、YouTubeを見る回数を減らすためにアプリを削除したら、1日の視聴時間がだいぶ減りました。これは手間を増やした結果ですね。


完全自動化は、手間をなくすって意味です。やりたいことは、徹底的に手間をなくしましょう。

料理をしたいなら、「Amazonパントリー」利用する、みたいな感じです。自分で買いに行く手間が減り、かつ食材が勝手に家に届きます。

ちなみに、僕は全部このコンフリクトでした。

斬新な対策ってわけではないですが、目標と障害が明確だったら効果はありますね。もしダメだった場合は、目標と障害を見直すか、別のコンフリクトの可能性を考えてみてください。

【思い込み】対策

これがやっかいなタイプです。

つい文句や愚痴を言ってしまう人は思い込みが原因でしょう。

例えば、以下が思い込みコンフリクトです。


・仕事で成功したいけど、子育てが忙しいから無理だ
・起業をしたいけど、スキルが無いから無理だ
・異性にモテたいけど、顔が悪いから無理だ

自分の考えは正しいと勘違いしている分、気づくのも行動に移すのもやっかいです。


このコンフリクトの対策は、セルフ・ディスタンシング。言い換えれば、客観的に物事を見るテクニックです。

自分の悩みを、他人事のように見てみましょう。

具体的には、「家族や友人が同じ悩みを抱えていたら、どうアドバイスするか?」と考えてみます。

悩みに直面したとき、「これは無理だ」「あれは可能性がない」と思い込みが強くなってしまう傾向があります。それは主観で物事を考えてしまうからです。

しかし、他人事であれば、冷静にいろんな対処法が思いつきやすいですよね。

自分を客観的に見て、その自分にアドバイスを送る。だからセルフディフェンシングと言います。ぜひやってみてください。

【無知】対策

これは解決策があるので楽勝です。

ソクラテス式問答法」をやりましょう。

無知は罪ですが、知ってしまえば解決します。答えがある問題ほど、楽なものはありません。ソクラテス式問答法は、自分がなにを分かっていないか、問題の本質はなにかを理解できます

『時間術(著:メンタリストDaiGo)』第2章 時間感覚を正す7つのフィックス 75ページ

最近では、大企業の社員研修やうつ病治療にも使われているらしいですよ。それほど効果があると実証されているテクニックなんですね。

ゴールコンフリクトは環境づくり

ゴールコンフリクトを正す方法をまとめました。


1.『目標』と『障害』を明確にする
 →目標を10個書き出す
 →その中から重要なもの5つに絞る
 →思いつく限り、障害を書き出す
2.各コンフリクトに障害を当てはめる
3.コンフリクト対策を実践する

ゴールコンフリクトを正すことは、ぶっちゃけ簡単です。

とはいえ、これで環境が整っただけです。スタートラインに立った状態なので、行動しないと始まりません。「あれもこれも」と焦らず、たんたんとタスクをこなしていきましょう。

時間術をもっと知りたい人へ

副業や在宅ワークで、個人が自分の時間を管理して仕事をする機会が増えてきました。

仕事ができる人は、単純に他の人より仕事をしているからです。そういう人は睡眠時間を削っているというより、無駄な時間を削っています。

「仕事や生活のパフォーマンスを向上させたい」という方におすすめの時間術の本をいくつかピックアップしました。参考までにどうぞ。

週40時間の自由をつくる 超時間術

この記事のゴールコンフリクト対策は、本書で学んだ知識です。

著者のメンタリストDaiGoさんの本は、なんといっても具体的なノウハウが多いことが特徴です。海外の論文から研究データを引っ張ってきていますから。

今すぐアクションを起こしたい人におすすめ。

時間革命 1秒もムダに生きるな

言わずと知れば、ホリエモンの著書です。

いろんなメディアで、「お金を無駄にすることには敏感なのに、時間を平気で無駄にする意味がわからない」と発言している姿を見かけます。

そんなホリエモンの時間術が詰まった1冊です。

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考とは、本当にやるべきことだけに集中する思考法です。

ゴールコンフリクトを正すノウハウの決定版と言っても過言じゃないでしょう。「すべてきっちりやらなくちゃ」と考えてしまう真面目な方にぜひ読んでほしい1冊です。