瞑想を半信半疑で1ヶ月100分やってみた感想【継続のコツ/損する人の特徴】

Fitness&Health
この記事は約5分で読めます。




僕が瞑想を始めたきっかけは、自分を操る超集中力という本です。

この本に書いてある、瞑想の効果は以下の通り。

・集中力アップ
・体脂肪が落ちる
・睡眠の質が向上する
・リラクゼーション反応
・緊張や不安に強くなる
(ワーキングメモリーが鍛えられる)
・感情のコントロール力が強くなる

『自分を操る超集中力( 著:メンタリストDaiGo )』第二章 153ページ


僕は集中力を鍛えようと始めて、いま100分を超えました。

その感想と継続のコツなどお伝えします。

▶この記事の内容

・瞑想を100分やった感想
・瞑想を継続させるコツ
・瞑想をして損をする人の特徴


スポンサーリンク

100分やってみた感想


やってみて、後悔はありません。

ただ、まだ微妙かな、というのが本音ですね。

効果は感じますが、それが瞑想のおかげかと言われると疑問です。

100分やって感じた効果


瞑想を始めて感じた効果はこちら。

▶100分やって感じた効果

・集中力が上がる
・イラッとした感情が抑えられる

注意:最初は180分が目安→キツい


僕が行った瞑想の手順はこちら。

①楽な姿勢で目をつむる
②7秒間息を吸う
③7秒間息を吐く
④これを無心で約5分行う


ぶっちゃけ、瞑想を続けるのはしんどいです。

その理由2つ。

効果を実感しづらい、実感するにも時間がかかるということ。

瞑想の目安時間と得られる効果は以下の通りです。

▶180分間やった場合の効果

・注意力の向上
・自制心の向上

▶660分間やった場合の効果

・集中力の向上


なので、まず目安は180分かなと思います。

とはいえ、180分もやるのはだるいので工夫は必要です。

対策:まずはトイレで瞑想をするだけでいい


1日何分やるかは、自由でいいかと。

それより、どれだけ片手間にやれるかが重要です。

個人的なオススメは、トイレで瞑想をすることです。

実践してみた感じたメリットはこちら。

▶トイレ瞑想のメリット

・快便になる
・1日2分は瞑想ができる


人によりますが、まあ2分はトイレにいるかと。

その2分を瞑想に当てることで、約3ヶ月で180分に到達します。

朝や夜に1分でもやれば、約2ヶ月で達成するので、意外と簡単です。

また、トイレで瞑想をするさいは、意識をお腹に集めるといいかもしれません。

なんだか快便になりました。


作業に集中できるようになる


以前よりは、集中力が上がった気はします。

正確に言うと、ON-OFFの切り替えが上手になりました

休憩時間は休む、そしてすぐ作業に集中する。

この切り替えのタイミングが、楽になった感じがします。

ポイント:朝と夜の瞑想はわりといい


朝と夜の瞑想は、とくに効果的です。

瞑想をしていると、心の根っこにある不安が浮かびます。

その不安を、1日の初めと終わりに観察することで、自分が何をしたいのかが鮮明になり1日の活動に迷いがなくなります。

1日ダラダラしちゃう、という人は朝に瞑想をすると、1日を無駄にせずにすむかもしれません。

イラッとしたとき感情を抑えられる


イラッとしても、目を閉じれば対処できます。

とはいえ、これはよくある対処法ですね。

ただ、瞑想をしていないときより、自分を客観的に見ることができます。

おかげで、シャワーの勢いが弱くてイラ立つことがなくなりました。

客観的に自分を見ると、「ここに苛ついてるな」と気付けるので、けっこう助かってます。

対策:感情を3回唱えると静められる


苛ついたら、感情をシャットダウンします。

しかし、目を閉じても感情が収まらないこともあるかと。

そういうときは、以下の文を3回唱えると解決します。

いま感情的になっている


3回唱えると、脳が自分の状態を把握して、冷静になろうと対応するらしいです。

それでもダメなら、ストレスの根本から変える必要がありますね。

瞑想のメリット・デメリット


瞑想を100分やって感じたメリット・デメリットはこちら。

▶瞑想のメリット

・すぐに苛つかなくなる
・気持ちの切り替えが早くなる

▶瞑想のデメリット

・1日2-5分が無駄に感じる
・効果を実感しづらいためやる気でない


瞑想はやった量に比例するらしく、最初は効果を感じないようです。

ぶっちゃけ、僕が効果を感じている思うのも、そう思い込んでいるだけの可能性があります。

しかし、著名人やグローバル企業はやっているので、効果はあるのでしょう。

あくまで片手間に、淡々とやるのが吉ですね。

瞑想はアリ→でもまだ微妙


後悔はないですが、まだ何とも言えないですね。

僕の場合、集中力を鍛えたいというのが目的なので、660分を達成しないことには判断できません。

とはいえ、切り替えのスピードや、感情を抑制する力はわりと役立ちます。

こういった部分が鍛えられたのは、正直うれしい結果でした。

こういう人は損をする


半信半疑ながらも、100分やってしまいました。

その経験を友人と話していて、損をする人の特徴がわかりました。

▶瞑想をして損をする人

・ビジネスの意識が低い
・スピリチュアルだと思っている
・自分をコントロールできている


瞑想を受け入れているかどうか


友人の黒井に、「瞑想やってるんだ」と言ったら、食い気味で「きめぇ」と言われました。

で、気づいたのですが、瞑想をする人はみんな意識が高い人ですね。

まず瞑想はいいことだ、と受け入れないとやりませんし。

やったとしても、絶対続きませんしね。

まとめ:継続して様子見します


効果はありました。

しかし、まだ実感としては薄いので継続します。

1日数分なので、片手間にやれば無駄とも思わないので、おそらくできるかと。

もし、自分やこれからの人生を見直したいという気持ちがあるなら、瞑想は1回でもやってみることをオススメします。

わりと、気が楽になりますよ。